*

URLを指定するだけでWebサイトを丸ごとダウンロードできるMacアプリ『SiteSucker』

公開日: : Web技術・ノウハウ

HTMLもCSSもまとめて一式ダウンロードできるmacアプリ

Web制作をしていると、特定のサイトをローカルにダウンロードしたいと思うことがありませんか?

今回はそのようなときに活躍するMacアプリ「SiteSucker」をご紹介します。

SiteSuckerとは

SiteSuckerは、FTPを使わずにWebサイトを丸ごと一式ダウンロードできるmacアプリです。

Webサイトのファイルをダウンロードする場合、通常はFTPソフトを使うことが多いと思います。自分(自社)でアカウントを管理しているサイトはそれで良いのですが、他の人が運営しているサイトではパスワード等がわからない限りFTPでのダウンロードはできません。とはいえ、ブラウザでページを開きながらひとつひとつファイルをダウンロードしていくのも手間です。

SiteSuckerを使うと、FTPが使えないときでもHTTPでHTML/CSSなどのファイルを一括ダウンロードすることができます。

 

SiteSuckerの使い方

今回は私のmac環境であるOSX10.8/Mountain Lionで使うことを前提にご説明します。

SiteSuckerアプリをインストールする

まず以下のサイトからアプリをダウンロードします。

http://www.sitesucker.us/mac/mac.html

SiteSucker for OS X

私は以下のLion版をダウンロードしました。

SiteSucker(MountainLion用)のダウンロード

次に、ダウンロードしたdmgファイルをダブルクリックしてmacにインストールします。

※ダウンロードしたアプリが開けないとダイアログが出るときは、アプリを右クリックしてメニューから「開く」を選んでください。

なお最新OS対応版はMac App Storeから有料で入手できますが、レビューを見ると不具合(?)がある旨のコメントがあります。購入前に、動作条件等をよく確認しておいた方が良いでしょう。

 

ダウンロードするWebサイトのURLを指定する

アプリを起動したら、URL欄にダウンロードしたいサイトのURLを入力します。そのままEnterすれば、サイトのダウンロードが始まります。

SiteSuckerの使い方1

ダウンロードしたWebサイトを確認する

ダウンロードが完了したら、「Download Folder」アイコンをクリックして落としたファイルを確認します。index.htmlなどをブラウザで開いてみて、ちゃんと表示されるかチェックしてみましょう。

SiteSuckerの使い方2

特に問題がなければこれで完了です。

簡単ですね!

 

ひとこと

Webサイトを丸ごと落とせるMacアプリ『SiteSucker』をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

上記のとおり操作方法も直感的でカンタンですので、「ちょっとあのサイトをダウンロードしてソースをいじってみたい」というときにも手軽に使うことができますよ。

FTPが使えない状況でHTML/CSS等のファイル一式をダウンロードしたい・・・そんなときにはSiteSuckerを試してみてくださいね。

 

SiteSucker

概要:サイトを丸ごとダウンロードするMacアプリ
URL:SiteSucker for OS X

PR

関連記事

WordPressでページ送りができない

次のページが表示されない!WordPressでページ送りができないときの原因と対処方法

先日対応したお客様のWordPress案件で、category.phpに「同カテゴリーに属する情

記事を読む

Duplicated Post

『Duplicate Post』で投稿ページ・固定ページをカンタン複製

WordPressの投稿ページや固定ページを複製できるプラグイン『Duplicate Post』

記事を読む

post-lists-view-custom

『Post Lists View Custom』で投稿一覧・固定ページ一覧の表示項目をカンタンON/OFF

投稿一覧・固定ページ一覧の表示項目を変えられるプラグイン『Post Lists View Cus

記事を読む

BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化

【やって覚える】BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化する方法

  先日Googleから「4/21以降、サイトのスマホ対応有無を検索結果の順位に反映

記事を読む

WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する

WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する

先日とあるお客様のWordPressサイトで「画像が表示されない」と相談を受けました。 Wor

記事を読む

Webサイトユーザビリティチェックリストの一部

【保存版】全訳:Webサイトユーザビリティーチェックリスト25項目

本質的な知識というものは時が経っても価値が失われません。 User Effect の 「25-

記事を読む

brewでmacのOpenSSLをバージョンアップ

macでローカル環境のopensslをバージョンアップする手順 〜 brewで更新→rbenvでrubyを再インストール 〜

先日自社の運営サイトのSSL証明書の更新作業をしたのですが、ローカル環境として使っているmacで

記事を読む

SEOが強いWordPressサイトの内部を知る

【SEO初心者向け】検索順位を確実に上げるためのWordPress×SEO基礎知識

「うちのホームページをネット検索に強くしたい。でもやり方がわからない。」 WordPressで

記事を読む

wordpress_on_mac

【保存版】WordPressのサイトをmacのローカル環境にコピーして動かす方法

WordPerssで作った既に公開中のWebサイトについて、サイトを丸ごとローカル環境に持ってき

記事を読む

Intuitive Custom Post Order

ドラッグ&ドロップだけ!『Intuitive Custom Post Order』は投稿一覧のページ並び順をスイスイ変更できるプラグイン

WordPressの投稿一覧の各投稿ページをカンタンに並べ替えできるプラグイン『Intuitiv

記事を読む

PR

コメントを残す

PR

【Git】一つ前のcommitに戻す/他のブランチのcommitを取り込む

久しぶりにRailsでプログラムを書いている関係で、これまた久しぶりに

WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する
WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する

先日とあるお客様のWordPressサイトで「画像が表示されない」

おすすめGoogle拡張リスト
【保存版】情報収集を快適に!Chromeに入れておきたいオススメ拡張(エクステンション)8個

私はChromeをメインブラウザとして使っていますが、その理由のひとつ

Rubyで小数点第2位以下を切り捨てる方法

Rubyには標準で便利なメソッドがたくさん用意されています。数値の取り

BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化
【やって覚える】BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化する方法

  先日Googleから「4/21以降、サイトのスマホ

→もっと見る

  • feedlyでフォロー RSS登録ボタン
  • 株式会社YUKARIでは、ホームページリニューアルをメインにWeb制作事業を行っています。既存サイトへのWordPress導入・レスポンシブデザイン化からSEO強化まで何でもご相談ください。 ホームページリニューアルをお考えの方からのお問い合わせをお待ちしております。
PAGE TOP ↑