*

ムダな履歴データの蓄積をストップ!『Revision Control』で投稿ページ・固定ページの変更履歴をスマートに管理

公開日: : 最終更新日:2014/06/23 Web技術・ノウハウ, Wordpress , , ,

Revision Control

投稿ページ・固定ページの「変更履歴」を制御するプラグイン『Revision Control』をご紹介します。

Revision Control とは

WordPressで投稿ページや固定ページを下書き保存すると、その度に変更履歴データがデータベース上に溜まっていきます。

投稿ページ・固定ページの変更履歴の蓄積

この履歴データがあることで何かあったときに過去の状態に戻すことができるわけですが、保存した回数分すべての履歴データが蓄積されるとさすがにムダではないでしょうか?データが増えればその分DBの容量も食いますし、実務上も数回前までの変更履歴があれば十分でしょう。

Revision Control を使うと、このような”保存する変更履歴の回数の上限”をカンタンに制御することができます。

 

使い方

1. インストール〜有効化

Revision Control プラグインをインストールして有効化します。

2. 変更履歴の保存回数に上限を設ける

ここでは例として、投稿ページの変更履歴を直近の5回分だけ保存するよう指定します。
まず管理画面の設定メニューで「リビジョン」を選択します。

設定メニュー「リビジョン」

 

「リビジョンコントロール設定画面」が開きますので、で「リビジョン最大保存数:5」を選択して「保存」ボタンを押します。

変更履歴を直近5回にセット

記事の投稿画面上で変更履歴保存回数が5回になっていることを確認します。

投稿ページの「変更履歴保存回数」

これで上限設定完了です!

3. 変更履歴の差分を比較

このプラグインの機能は”履歴データの保存回数制御”だけではありません。

異なるタイミング(バージョン)の変更履歴を比較して「どこをどのように変えたか?」をチェックすることもできます。

 

変更履歴の差分を見比べたいときは、まず比較したい「変更前」と「変更後」のリビジョン(履歴)のラジオボタンにチェックを入れ、「比較する」ボタンをクリックします。

履歴の差分を比較

すると以下のような画面が表示されます。

履歴の差分

変更前と変更後の文言が赤・緑でわかるようになっています。手軽にさっと見られるのが良いですね。

4. 変更履歴の削除

ムダな履歴データを消すこともできます。

特定の変更履歴の”削除”チェックボックスにチェックを入れて「削除」ボタンを押すと、該当の履歴を削除することができます。

履歴の削除

余計な履歴データが蓄積しすぎたときなどに使える機能ですね。

 

ひとこと

WordPressがよかれと思ってやってくれている履歴の保存ですが、長い間積み重なればやがてサーバの容量を圧迫する程のボリュームになる恐れがあります。サイトの表示速度などのパフォーマンスにも影響が出る恐れがありますので、そうなる前に Revision Control で変更履歴データをスリム化しておいてはいかがでしょうか?

 

Revision Control

ジャンル:管理画面 > 投稿、固定ページ

概要: 投稿ページ・固定ページの変更履歴データの保存回数を制御できるプラグイン

PR

関連記事

Active Preview ボタン

『Active Preview』で編集内容をリアルタイムプレビュー

最近使ってみたWordPressプラグイン『Active Preview』が便利だったのでご紹介しま

記事を読む

Simple Custom CSS

『Simple Custom CSS』はテーマをいじらずちょっとCSSを編集したいときに便利なプラグイン

CSSだけ編集したいけれどWordPressのテーマを直接編集するのは避けたい、かといって子テーマを

記事を読む

WordPressでページ送りができない

次のページが表示されない!WordPressでページ送りができないときの原因と対処方法

先日対応したお客様のWordPress案件で、category.phpに「同カテゴリーに属する情

記事を読む

Duplicated Post

『Duplicate Post』で投稿ページ・固定ページをカンタン複製

WordPressの投稿ページや固定ページを複製できるプラグイン『Duplicate Post』

記事を読む

SEOが強いWordPressサイトの内部を知る

【SEO初心者向け】検索順位を確実に上げるためのWordPress×SEO基礎知識

「うちのホームページをネット検索に強くしたい。でもやり方がわからない。」 WordPressで

記事を読む

WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する

WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する

先日とあるお客様のWordPressサイトで「画像が表示されない」と相談を受けました。 Wor

記事を読む

BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化

【やって覚える】BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化する方法

  先日Googleから「4/21以降、サイトのスマホ対応有無を検索結果の順位に反映

記事を読む

brewでmacのOpenSSLをバージョンアップ

macでローカル環境のopensslをバージョンアップする手順 〜 brewで更新→rbenvでrubyを再インストール 〜

先日自社の運営サイトのSSL証明書の更新作業をしたのですが、ローカル環境として使っているmacで

記事を読む

git3

【Git】一つ前のcommitに戻す/他のブランチのcommitを取り込む

久しぶりにRailsでプログラムを書いている関係で、これまた久しぶりにgitを使っています。 で、

記事を読む

Code Snippets プラグイン

これでテーマの更新も怖くない!『Code Snippets』はfunctions.phpを編集できるWordPressプラグイン

WordPressのfunctions.phpファイルを直接編集せずにカスタマイズできるプラグイ

記事を読む

PR

コメントを残す

PR

git3
【Git】一つ前のcommitに戻す/他のブランチのcommitを取り込む

久しぶりにRailsでプログラムを書いている関係で、これまた久しぶりに

WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する
WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する

先日とあるお客様のWordPressサイトで「画像が表示されない」

おすすめGoogle拡張リスト
【保存版】情報収集を快適に!Chromeに入れておきたいオススメ拡張(エクステンション)8個

私はChromeをメインブラウザとして使っていますが、その理由のひとつ

number-703136_640
Rubyで小数点第2位以下を切り捨てる方法

Rubyには標準で便利なメソッドがたくさん用意されています。数値の取り

BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化
【やって覚える】BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化する方法

  先日Googleから「4/21以降、サイトのスマホ

→もっと見る

  • feedlyでフォロー RSS登録ボタン
  • 株式会社YUKARIでは、ホームページリニューアルをメインにWeb制作事業を行っています。既存サイトへのWordPress導入・レスポンシブデザイン化からSEO強化まで何でもご相談ください。 ホームページリニューアルをお考えの方からのお問い合わせをお待ちしております。
PAGE TOP ↑