*

macでローカル環境のopensslをバージョンアップする手順 〜 brewで更新→rbenvでrubyを再インストール 〜

公開日: : 最終更新日:2014/12/18 Ruby on Rails, Web技術・ノウハウ ,

brewでmacのOpenSSLをバージョンアップ

先日自社の運営サイトのSSL証明書の更新作業をしたのですが、ローカル環境として使っているmacで秘密鍵を作っているときにopensslのバージョンが古いことに気付きました。そこでopensslをバージョンアップしたのですが、手順を忘れそうなのでこのブログにメモを残しておきます。

環境

パッケージマネージャーはHomebrewを使っていています。またrbenvでrubyのバージョンを管理しています。

手順

  1. brewで最新版のopensslを入手

  2. brewで入れたopensslを参照させる

【手順1】brewで最新版のopensslを入手

opensslのバージョンを調べて最新版へアップグレードします。

opensslのバージョン確認とアップデート(Heartbleed対応) – Qiita

リンク先の記事ではバージョンが「1.0.1g」ですが、私がインストールした時点での最新版は「1.0.1i」でした。

【手順2】brewで入れたopensslを参照させる

macにはじめから入っているopenssl(usr/bin/openssl)があり、こちらを参照したままになっていると手順1で入れた最新版opensslが使われません。

以下の手順でbrewで入れたopenssl(usr/local/bin/openssl)の方を参照させるようにします。

手順1のあと、opensslのバージョンを調べてみます。

バージョンが古いままですね。

読み込んでいる(参照している)opensslを調べてみます。

macに元々入っている、古いopensslを参照してしまっていました。

brewで入れた最新版openssl(/usr/local/bin/openssl)を参照するように設定します。

最新版のopenssl(usr/local/bin/openssl)が参照されるようになりました。

ハマりポイント

①brewで入れたopensslを参照してくれない!

brew link で openssl にリンクを張っても参照してくれない、というケース。

~/.bash_profileに「export PATH=/usr/local/bin:$PATH」を追加し、一度ターミナルを終了して再起動したところリンクが有効になりました。

②Rails serverが動かなくなった?!【rbenvでrubyをインストールしている人向け】

ローカルのrails4.0(mysql使用)でrails sを実行すると、opensslのリンクがおかしい云々とエラーが出て動かなくなりました。

ん?と思い色々調べたところ、opensslの更新に伴いrbenv/rubyも再設定が必要とのこと。

というわけでrbenvでrubyを再インストールします。

無事rails sが動くようになりました。

ひとこと

brewで入れたopensslの方を参照してくれなくてハマってしまいました。

opensslは今後も定期的にアップデートが必要になると思いますが、今回で手順がわかったので次回からはスムーズにできそうです。

参考



PR

関連記事

WordPressにテーブルを追加する方法

自作テーブルの追加からデータ取得まで!WordPressでデータをDBに保持して使う方法

WordPressでWebサイトを作ったとき、何かしらのデータをデータベース上に保持しておき必要

記事を読む

post-lists-view-custom

『Post Lists View Custom』で投稿一覧・固定ページ一覧の表示項目をカンタンON/OFF

投稿一覧・固定ページ一覧の表示項目を変えられるプラグイン『Post Lists View Cus

記事を読む

Rubyで小数点第2位以下を切り捨てる方法

Rubyには標準で便利なメソッドがたくさん用意されています。数値の取り扱いについてもNumericク

記事を読む

Duplicated Post

『Duplicate Post』で投稿ページ・固定ページをカンタン複製

WordPressの投稿ページや固定ページを複製できるプラグイン『Duplicate Post』

記事を読む

Public Post Previewプラグイン

公開前のページを第三者にシェア!『Public Post Preview』は下書きページへの共有リンクを発行できるプラグイン

公開前のページを第三者に確認してもらうのに便利なプラグイン『Public Post Previe

記事を読む

Crayon Syntax Highlighter

【入れるだけ】投稿記事中のコードをキレイに表示!『Crayon Syntax Highlighter』はシンタックスハイライトをかけるプラグイン

WordPressの投稿記事中のコードをキレイに表示できるプラグイン「Crayon Syntax

記事を読む

DashboardNotePadプラグイン

付箋紙のようにメモ書きできる!『Dashboard Notepad』はWordPressのダッシュボードにメモを残せるプラグイン

WordPressで管理画面のダッシュボードにメモを残せるようになるプラグイン『Dashboar

記事を読む

HTMLもCSSもまとめて一式ダウンロードできるmacアプリ

URLを指定するだけでWebサイトを丸ごとダウンロードできるMacアプリ『SiteSucker』

Web制作をしていると、特定のサイトをローカルにダウンロードしたいと思うことがありませんか?

記事を読む

SEOが強いWordPressサイトの内部を知る

【SEO初心者向け】検索順位を確実に上げるためのWordPress×SEO基礎知識

「うちのホームページをネット検索に強くしたい。でもやり方がわからない。」 WordPressで

記事を読む

WordPressでページ送りができない

次のページが表示されない!WordPressでページ送りができないときの原因と対処方法

先日対応したお客様のWordPress案件で、category.phpに「同カテゴリーに属する情

記事を読む

PR

コメントを残す

PR

【Git】一つ前のcommitに戻す/他のブランチのcommitを取り込む

久しぶりにRailsでプログラムを書いている関係で、これまた久しぶりに

WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する
WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する

先日とあるお客様のWordPressサイトで「画像が表示されない」

おすすめGoogle拡張リスト
【保存版】情報収集を快適に!Chromeに入れておきたいオススメ拡張(エクステンション)8個

私はChromeをメインブラウザとして使っていますが、その理由のひとつ

Rubyで小数点第2位以下を切り捨てる方法

Rubyには標準で便利なメソッドがたくさん用意されています。数値の取り

BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化
【やって覚える】BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化する方法

  先日Googleから「4/21以降、サイトのスマホ

→もっと見る

  • feedlyでフォロー RSS登録ボタン
  • 株式会社YUKARIでは、ホームページリニューアルをメインにWeb制作事業を行っています。既存サイトへのWordPress導入・レスポンシブデザイン化からSEO強化まで何でもご相談ください。 ホームページリニューアルをお考えの方からのお問い合わせをお待ちしております。
PAGE TOP ↑