*

macでローカル環境のopensslをバージョンアップする手順 〜 brewで更新→rbenvでrubyを再インストール 〜

公開日: : 最終更新日:2014/12/18 Ruby on Rails, Web技術・ノウハウ ,

brewでmacのOpenSSLをバージョンアップ

先日自社の運営サイトのSSL証明書の更新作業をしたのですが、ローカル環境として使っているmacで秘密鍵を作っているときにopensslのバージョンが古いことに気付きました。そこでopensslをバージョンアップしたのですが、手順を忘れそうなのでこのブログにメモを残しておきます。

環境

パッケージマネージャーはHomebrewを使っていています。またrbenvでrubyのバージョンを管理しています。

手順

  1. brewで最新版のopensslを入手

  2. brewで入れたopensslを参照させる

【手順1】brewで最新版のopensslを入手

opensslのバージョンを調べて最新版へアップグレードします。

opensslのバージョン確認とアップデート(Heartbleed対応) – Qiita

リンク先の記事ではバージョンが「1.0.1g」ですが、私がインストールした時点での最新版は「1.0.1i」でした。

【手順2】brewで入れたopensslを参照させる

macにはじめから入っているopenssl(usr/bin/openssl)があり、こちらを参照したままになっていると手順1で入れた最新版opensslが使われません。

以下の手順でbrewで入れたopenssl(usr/local/bin/openssl)の方を参照させるようにします。

手順1のあと、opensslのバージョンを調べてみます。

バージョンが古いままですね。

読み込んでいる(参照している)opensslを調べてみます。

macに元々入っている、古いopensslを参照してしまっていました。

brewで入れた最新版openssl(/usr/local/bin/openssl)を参照するように設定します。

最新版のopenssl(usr/local/bin/openssl)が参照されるようになりました。

ハマりポイント

①brewで入れたopensslを参照してくれない!

brew link で openssl にリンクを張っても参照してくれない、というケース。

~/.bash_profileに「export PATH=/usr/local/bin:$PATH」を追加し、一度ターミナルを終了して再起動したところリンクが有効になりました。

②Rails serverが動かなくなった?!【rbenvでrubyをインストールしている人向け】

ローカルのrails4.0(mysql使用)でrails sを実行すると、opensslのリンクがおかしい云々とエラーが出て動かなくなりました。

ん?と思い色々調べたところ、opensslの更新に伴いrbenv/rubyも再設定が必要とのこと。

というわけでrbenvでrubyを再インストールします。

無事rails sが動くようになりました。

ひとこと

brewで入れたopensslの方を参照してくれなくてハマってしまいました。

opensslは今後も定期的にアップデートが必要になると思いますが、今回で手順がわかったので次回からはスムーズにできそうです。

参考



PR

関連記事

WordPressにテーブルを追加する方法

自作テーブルの追加からデータ取得まで!WordPressでデータをDBに保持して使う方法

WordPressでWebサイトを作ったとき、何かしらのデータをデータベース上に保持しておき必要

記事を読む

Public Post Previewプラグイン

公開前のページを第三者にシェア!『Public Post Preview』は下書きページへの共有リンクを発行できるプラグイン

公開前のページを第三者に確認してもらうのに便利なプラグイン『Public Post Previe

記事を読む

Active Preview ボタン

『Active Preview』で編集内容をリアルタイムプレビュー

最近使ってみたWordPressプラグイン『Active Preview』が便利だったのでご紹介しま

記事を読む

Intuitive Custom Post Order

ドラッグ&ドロップだけ!『Intuitive Custom Post Order』は投稿一覧のページ並び順をスイスイ変更できるプラグイン

WordPressの投稿一覧の各投稿ページをカンタンに並べ替えできるプラグイン『Intuitiv

記事を読む

BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化

【やって覚える】BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化する方法

  先日Googleから「4/21以降、サイトのスマホ対応有無を検索結果の順位に反映

記事を読む

WordPressでページ送りができない

次のページが表示されない!WordPressでページ送りができないときの原因と対処方法

先日対応したお客様のWordPress案件で、category.phpに「同カテゴリーに属する情

記事を読む

Code Snippets プラグイン

これでテーマの更新も怖くない!『Code Snippets』はfunctions.phpを編集できるWordPressプラグイン

WordPressのfunctions.phpファイルを直接編集せずにカスタマイズできるプラグイ

記事を読む

Webサイトユーザビリティチェックリストの一部

【保存版】全訳:Webサイトユーザビリティーチェックリスト25項目

本質的な知識というものは時が経っても価値が失われません。 User Effect の 「25-

記事を読む

post-lists-view-custom

『Post Lists View Custom』で投稿一覧・固定ページ一覧の表示項目をカンタンON/OFF

投稿一覧・固定ページ一覧の表示項目を変えられるプラグイン『Post Lists View Cus

記事を読む

【Git】一つ前のcommitに戻す/他のブランチのcommitを取り込む

久しぶりにRailsでプログラムを書いている関係で、これまた久しぶりにgitを使っています。 で、

記事を読む

PR

コメントを残す

PR

【Git】一つ前のcommitに戻す/他のブランチのcommitを取り込む

久しぶりにRailsでプログラムを書いている関係で、これまた久しぶりに

WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する
WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する

先日とあるお客様のWordPressサイトで「画像が表示されない」

おすすめGoogle拡張リスト
【保存版】情報収集を快適に!Chromeに入れておきたいオススメ拡張(エクステンション)8個

私はChromeをメインブラウザとして使っていますが、その理由のひとつ

Rubyで小数点第2位以下を切り捨てる方法

Rubyには標準で便利なメソッドがたくさん用意されています。数値の取り

BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化
【やって覚える】BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化する方法

  先日Googleから「4/21以降、サイトのスマホ

→もっと見る

  • feedlyでフォロー RSS登録ボタン
  • 株式会社YUKARIでは、ホームページリニューアルをメインにWeb制作事業を行っています。既存サイトへのWordPress導入・レスポンシブデザイン化からSEO強化まで何でもご相談ください。 ホームページリニューアルをお考えの方からのお問い合わせをお待ちしております。
PAGE TOP ↑