*

これでテーマの更新も怖くない!『Code Snippets』はfunctions.phpを編集できるWordPressプラグイン

Code Snippets プラグイン

WordPressのfunctions.phpファイルを直接編集せずにカスタマイズできるプラグイン『Code Snippets』をご紹介します。

 

Code Snippetsとは

WordPressで作ったサイトをあれこれカスタマイズしようとすると、functions.phpを編集しないと実現できないようなケースがしばしば出てきます。基本的にはfunctions.phpファイル中に追加したい機能を書き込む等すればよいのですが、WordPressのテーマをバージョンアップしたり、異なるテーマに入れ替えをすると、functions.phpが新しいものに差し替えられてしまうリスクがあります。せっかくfunctions.phpを手作業で編集したのに、テーマ更新で上書きされて消えてしまったら困りますよね。

Code Snippetsプラグインを使うと、このような”functions.phpファイルを直接編集するときのリスク”を気にせずカスタマイズできるようになります。

 

使い方

1. インストール〜有効化

Code Snippetsプラグインをインストールして有効化します。

2. スニペット新規追加(functions.phpに追加したいコードの登録)

ここでは例として「アイキャッチ画像を表示するショートコード」のスニペットを登録してみます。

まず管理画面のメニューから「スニペット」→「新規作成」を開きます。

140630-0001

次に「スニペット新規追加」にスニペット名とコードを書き込んで保存します。

140630-0001

作成したスニペットをそのまま有効化して大丈夫なら「変更を保存&有効化」ボタンをクリックします。

<補足>
こちらは追加するスニペット部分を拡大したものです。「showeyecatch」という名前のショートコードを登録しています。

140630-0002

 

Code Snippetsに登録したショートコードを実際に使ってみましょう。

以下のアイキャッチ画像が設定された投稿ページに、ショートコード showeyecatch を入力します。

140630-0004

投稿記事の冒頭にショートコードをセット。

140630-0003

投稿ページの画面をプレビューしてみると・・・

140630-0012

ちゃんとアイキャッチ画像が表示されていますね。

functions.phpファイルを直接編集せずにショートコードを追加することができました。

 

3. 画面が真っ白に?!問題が起きたときはセーフモードで対処

functions.phpを直接編集するときと同様に、登録したスニペット(コード)に誤りがあればWordPressの画面が真っ白になるなど不具合を起こす可能性はあります。もしそのような状態になってしまった場合には、以下の手順のとおり、セーフモードを使って対処しましょう。

 

【STEP1】セーフモードをONにする

wp-config.phpファイルに以下をセットすることで、Code Snippetsがセーフモードで起動するようになります。

具体的には以下のように追記して、セーフモードをONにします。

 

【STEP2】問題のあるスニペットを非アクティブ(無効)にする

セーフモードをONにするとスニペットが実行されなくなりますので、誤ったスニペットの影響もなくなります。WordPressの管理画面も正常に開けるようになりますので、スニペットの管理メニューを開き、問題を起こしていると思われるスニペットを無効にしましょう。

なおセーフモードがONになっているときは、スニペットの管理画面に以下のような警告文が表示されます。

Code Snippets セーフモード時のアラート

意訳すると「セーフモード起動中、スニペットは実行されません!セーフモードをOFFにするにはwp-config.phpのCODE_SNIPPETS_SAFE_MODE定数を削除してください。」 という感じでしょうか。

 

【STEP3】セーフモードをOFFにする

STEP1で追記したコードを削除、またはコメントアウトします。以降、セーフモードが解除され、スニペットが通常どおり実行されるようになります。

参考:Code Snippets公式サイト(英語)

 

ひとこと

このプラグインを使えば、テーマの変更とfunctions.phpのカスタマイズを切り離して考えることができます。

テーマの更新が気になってfunctions.phpファイルの編集に二の足を踏んでいた方は、Code Snippetsプラグインを試してみてはいかがでしょうか?

 

Code Snippets

ジャンル:functions.php

概要: functions.phpを管理画面上でカスタマイズできるようになるプラグイン

PR

関連記事

Revision Control

ムダな履歴データの蓄積をストップ!『Revision Control』で投稿ページ・固定ページの変更履歴をスマートに管理

投稿ページ・固定ページの「変更履歴」を制御するプラグイン『Revision Control』をご

記事を読む

BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化

【やって覚える】BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化する方法

  先日Googleから「4/21以降、サイトのスマホ対応有無を検索結果の順位に反映

記事を読む

SEOが強いWordPressサイトの内部を知る

【SEO初心者向け】検索順位を確実に上げるためのWordPress×SEO基礎知識

「うちのホームページをネット検索に強くしたい。でもやり方がわからない。」 WordPressで

記事を読む

WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する

WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する

先日とあるお客様のWordPressサイトで「画像が表示されない」と相談を受けました。 Wor

記事を読む

Active Preview ボタン

『Active Preview』で編集内容をリアルタイムプレビュー

最近使ってみたWordPressプラグイン『Active Preview』が便利だったのでご紹介しま

記事を読む

Rubyで小数点第2位以下を切り捨てる方法

Rubyには標準で便利なメソッドがたくさん用意されています。数値の取り扱いについてもNumericク

記事を読む

brewでmacのOpenSSLをバージョンアップ

macでローカル環境のopensslをバージョンアップする手順 〜 brewで更新→rbenvでrubyを再インストール 〜

先日自社の運営サイトのSSL証明書の更新作業をしたのですが、ローカル環境として使っているmacで

記事を読む

Duplicated Post

『Duplicate Post』で投稿ページ・固定ページをカンタン複製

WordPressの投稿ページや固定ページを複製できるプラグイン『Duplicate Post』

記事を読む

Simple Custom CSS

『Simple Custom CSS』はテーマをいじらずちょっとCSSを編集したいときに便利なプラグイン

CSSだけ編集したいけれどWordPressのテーマを直接編集するのは避けたい、かといって子テーマを

記事を読む

Public Post Previewプラグイン

公開前のページを第三者にシェア!『Public Post Preview』は下書きページへの共有リンクを発行できるプラグイン

公開前のページを第三者に確認してもらうのに便利なプラグイン『Public Post Previe

記事を読む

PR

コメントを残す

PR

【Git】一つ前のcommitに戻す/他のブランチのcommitを取り込む

久しぶりにRailsでプログラムを書いている関係で、これまた久しぶりに

WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する
WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する

先日とあるお客様のWordPressサイトで「画像が表示されない」

おすすめGoogle拡張リスト
【保存版】情報収集を快適に!Chromeに入れておきたいオススメ拡張(エクステンション)8個

私はChromeをメインブラウザとして使っていますが、その理由のひとつ

Rubyで小数点第2位以下を切り捨てる方法

Rubyには標準で便利なメソッドがたくさん用意されています。数値の取り

BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化
【やって覚える】BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化する方法

  先日Googleから「4/21以降、サイトのスマホ

→もっと見る

  • feedlyでフォロー RSS登録ボタン
  • 株式会社YUKARIでは、ホームページリニューアルをメインにWeb制作事業を行っています。既存サイトへのWordPress導入・レスポンシブデザイン化からSEO強化まで何でもご相談ください。 ホームページリニューアルをお考えの方からのお問い合わせをお待ちしております。
PAGE TOP ↑