*

コロプラがネットリサーチサービス『スマートアンサー』を開始

公開日: : 最終更新日:2014/06/12 リサーチ , ,

スマートアンサー

スマホゲームアプリ「魔法使いと黒猫のウィズ」で有名なコロプラが、ネットリサーチサービス『スマートアンサー』を開始しました。早速ですが、サービスの特徴や料金、モニターなどについて調べてみました。

 

サービスの特徴

スマートフォン上でのアンケート回答に特化したリサーチサービスであることが特徴。モニターがスマホでアンケートを受け取って答えることで、パソコンでの回答よりも「その時・その場での回答」が期待できる、という理屈のようです。

1.スマートフォンならではの新しい調査方法
~「記憶に頼る」リサーチから「今を知る」リサーチへ~
「常時携帯」「手軽さ」といったスマートフォンならではの特性を活かすことで、PCでは実現できなかった空間的・時間的制限を受けないリサーチが可能となります。

(中略)

配信時間を限定したアンケートや、1日のうち複数回に分割して配信するアンケートなどスマートフォンならではのアンケート方法も今後実装予定です。

コロプラ、スマートフォン特化型マーケティングリサーチアプリ『スマートアンサー』を配信開始 ~パソコン主体のネットリサーチ市場において、スマホを活かした次世代リサーチを目指します~

 

確かにスマホならアンケートの回答依頼に対してのレスポンスが良くなる(回答までの待ち時間短縮、回答率アップ)ことを期待できるかもしれません。この「アプリを介してスマホ上でアンケート回答ができる仕組み」は、マクロミルやミクシィ・リサーチなど他のリサーチ会社も作っていますね。

なおコロプラのサービスは

配信時間を限定したアンケートや、1日のうち複数回に分割して配信するアンケートなどスマートフォンならではのアンケート方法も今後実装予定です。

とのことなので、今後「スマホの特性を活かした独自のサービス」もリリースされてきそうです。

また同社は位置情報を扱うノウハウを持っていますので、将来的にはそれと組み合わせたリサーチができるようなサービスなども出てくるかもしれませんね。

 

リサーチ料金

スマートアンサーの料金プランは「セルフリサーチ型プラン」と「あんしんサポート型プラン」の2つ。まずセルフサービスの「セルフリサーチ型プラン」は、10問100サンプル1万円と他社のセルフ型ネットリサーチと同じような価格設定です。もう一方の「あんしんサポート型プラン」(セルフサービスではない通常のネットリサーチサービス)についてはどうでしょうか?以下の表は、ネットリサーチ料金の相場との比較結果をまとめたものです。

 

表. ネットリサーチ料金の相場とスマートアンサー「あんしんサポート型プラン」の価格比較

ネットリサーチ料金相場
ネットリサーチ料金計算ツールで算出)
スマートアンサー
「あんしんサポート型プラン
10問×100サンプル  平均:約73,000円
(価格帯:40,000円〜100,000円)
 50,000円
10問×400サンプル 平均:約148,000円
(価格帯:90,000円〜200,000円)
 80,000円
30問×100サンプル  平均:約182,500円
(価格帯:110,000円〜268,000円)
 150,000円
30問×400サンプル 平均:約326,400円
(価格帯:210,000円〜424,000円)
 240,000円
30問×1000サンプル  平均:約573,400円
(価格帯:386,000円〜730,000円)
 420,000円

 

設問数を10問または30問、サンプルサイズを100,400,1000サンプルとして5パターンの費用を計算してみました。結果は上記表のとおりで、相場と比べて安価な価格設定になっています。

 

モニターと品質

モニター数は公開されていませんが、相当数いるのではないでしょうか?同社の大ヒットゲームアプリ(と広告)を通してモニターを集めていることを考えれば、集客コストがネックになることもなく、短期間に大量のモニターを獲得できていてもおかしくありません。

3.低価格かつスピーディーな調査
累計9,000万ダウンロード(※2)を突破したコロプラのスマートフォンゲームアプリ利用者の一部をモニタ利用することで、大幅なコスト削減を実現。低価格かつスピーディーな調査が実施できます。

コロプラ、スマートフォン特化型マーケティングリサーチアプリ『スマートアンサー』を配信開始 ~パソコン主体のネットリサーチ市場において、スマホを活かした次世代リサーチを目指します~

また、サイトを見回してみましたが”回答データやモニター自体の品質管理”については記載が見つかりませんでした。よって品質管理についてはどのような取り組みをしているのかは不明です。同社への調査依頼をお考えの方は、申し込み前にモニター数・品質管理について問い合わせておくと安心かと思います。

 

さいごに

コロプラのリサーチサービスが登場したことで、先日のGMOリサーチに続きセルフ型リサーチサービスの選択肢がまたひとつ増えました。また、「ソーシャルゲームに興味・関心のあるユーザーに対して調査を行いたい」という方にとって、コロプラの持つモニターへのリサーチサービスは魅力的なのではないでしょうか。まだサービス開始したばかりなので情報も少ないのですが、今後リサーチを実施する方にとって有益な情報があれば随時このブログでもお伝えしていきます。

 

■サービス紹介サイト

スマートアンサー|コロプラ運営のスマートフォン特化型リサーチサービス

■ニュースリリース

コロプラ、スマートフォン特化型マーケティングリサーチアプリ『スマートアンサー』を配信開始 ~パソコン主体のネットリサーチ市場において、スマホを活かした次世代リサーチを目指します~

PR

関連記事

セルフ型ネットリサーチ「チャオ」

セルフ型ネットリサーチ『Ciao(チャオ)』にスクリーニング機能が付く

ミクシィ・リサーチのセルフ型ネットリサーチ『Ciao(チャオ)』に、スクリーニング機能が使えるよ

記事を読む

questant

マクロミルのDIY(セルフ型)リサーチ『Questant』、モニター調査が可能に

マクロミルのDIYリサーチ(セルフ型リサーチ)『Questant』から、GMOリサーチが提供する

記事を読む

DIY型(セルフ型)リサーチ

GMOリサーチがDIY(セルフ型)リサーチサービス「GMO Market Observer」を提供開始

先週の金曜にGMOリサーチからDIY型(セルフ型)リサーチサービス「GMO Market Obser

記事を読む

PR

コメントを残す

PR

【Git】一つ前のcommitに戻す/他のブランチのcommitを取り込む

久しぶりにRailsでプログラムを書いている関係で、これまた久しぶりに

WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する
WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する

先日とあるお客様のWordPressサイトで「画像が表示されない」

おすすめGoogle拡張リスト
【保存版】情報収集を快適に!Chromeに入れておきたいオススメ拡張(エクステンション)8個

私はChromeをメインブラウザとして使っていますが、その理由のひとつ

Rubyで小数点第2位以下を切り捨てる方法

Rubyには標準で便利なメソッドがたくさん用意されています。数値の取り

BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化
【やって覚える】BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化する方法

  先日Googleから「4/21以降、サイトのスマホ

→もっと見る

  • feedlyでフォロー RSS登録ボタン
  • 株式会社YUKARIでは、ホームページリニューアルをメインにWeb制作事業を行っています。既存サイトへのWordPress導入・レスポンシブデザイン化からSEO強化まで何でもご相談ください。 ホームページリニューアルをお考えの方からのお問い合わせをお待ちしております。
PAGE TOP ↑