*

Googleがモバイル版の検索結果に [スマホ対応] というラベルを追加

公開日: : ビジネス・マーケティング

Googleが検索結果に「スマホ対応」というラベルを付けると公表しました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために

モバイル対応を重視する流れにあることは分かっていましたが、随分直球できたなあと思います。

それだけスマホ利用者の割合が多くなっており、検索結果を返す画面もそれに合わせた最適化が必要ということでしょう。

検索結果画面上での見え方

上記のGoogleのページによれば、以下のようなイメージになるとのこと。

モバイル版(スマホ版)のGoogle検索結果イメージ

「スマホ対応」ってそのまんまですね。スマホでネット検索をする人にとって結構インパクトがありそうです。

スマホ対応(モバイルフレンドリー)なサイトかチェック

また、以下のページで自分のサイトがスマホ対応(モバイルフレンドリー)になっているかをチェックすることができます。

Mobile-Friendly Test

試しに自社のサイト(http://yukarien.com/)を入力してみたところ・・・

Mobile Friendly Test - http://yukarien.com/

このような結果になりました。

緑色の「Awesome! This page is mobile-friendly.」がスマホ対応ページであることを示しています。

ひとこと

スマホでネットを利用する人たちの割合が急激に伸びた今、数年前とは外部環境がガラッと変わりました。スマホユーザーが主役の世界でパソコンユーザーに最適化していれば、世の中の基準とズレていきます。「パソコンで見られることだけを想定したWebサイト」は、ネット検索でも優位性を失っていくでしょう。

レスポンシブデザインにするかスマホ専用サイトを設置するかはそのサイトの使われ方・使う人の種類(年代、個人向けor法人向け etc.)によって判断が分かれるところですが、いずれにせよスマホ対応そのものは「当たり前」のものとして考えていく必要があります。

どうせやるなら早いうちにやってしまった方が、他のサイトより一歩前に出られる分良いと思います。逆に言えばやらないと競合に対して出遅れることになりますしね。

特に今後ホームページをリニューアルする方は「スマホ対応」も併せて考えてみてください。当社でも既存サイトをWordPress化するサービスと同時にレスポンシブデザインを導入することをお勧めしています。

PR

関連記事

進むべき方向を示す

「需要をつくる」発想でWebサービスを考える

Webサービスの運営にしても商売にしても、一番難しく、そして一番重要なのが「需要を掴むこと」ではない

記事を読む

PR

コメントを残す

PR

git3
【Git】一つ前のcommitに戻す/他のブランチのcommitを取り込む

久しぶりにRailsでプログラムを書いている関係で、これまた久しぶりに

WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する
WordPressの子テーマで画像が表示されないときはstylesheet_directoryを使っているか確認する

先日とあるお客様のWordPressサイトで「画像が表示されない」

おすすめGoogle拡張リスト
【保存版】情報収集を快適に!Chromeに入れておきたいオススメ拡張(エクステンション)8個

私はChromeをメインブラウザとして使っていますが、その理由のひとつ

number-703136_640
Rubyで小数点第2位以下を切り捨てる方法

Rubyには標準で便利なメソッドがたくさん用意されています。数値の取り

BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化
【やって覚える】BootstrapでWordPressサイトをレスポンシブデザイン化する方法

  先日Googleから「4/21以降、サイトのスマホ

→もっと見る

  • feedlyでフォロー RSS登録ボタン
  • 株式会社YUKARIでは、ホームページリニューアルをメインにWeb制作事業を行っています。既存サイトへのWordPress導入・レスポンシブデザイン化からSEO強化まで何でもご相談ください。 ホームページリニューアルをお考えの方からのお問い合わせをお待ちしております。
PAGE TOP ↑